BBT Blog

スキー&スノーボード2004-2005

<   2005年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

僕と音楽③「エレキギター」

エレキギター編です。

エレキを初めて弾いたのは16歳頃でした。

幼なじみが買ったけれど弾かなかったエレキを
借りたのが最初でした。

フェルナンデス製のストラトキャスターで色が赤/黒。

当時割と人気のあったハードロックバンド:
ナイトレンジャーのギタリストだったブラッド・ギルスの
コピーモデルでした。

正直音はあまり良くなかったけれど、
借り物ですから文句をいえる立場にありません。

かなり練習させてもらったギターでした。

暫く借りたままでしたが借り物ですから返す日はきます。

幼なじみにギターを返した後は自分の手元から
エレキがなくなりました。

どうにも寂しくて中古でエレキを買いました。
トーカイ製のレスポールで色はゴールドトップ。
これが私が初めて買ったギターです。

姉からもらったFGとこのレスポールは
私にとって特別なギターです。

その後もギターは増えていき
アコースティック系はFGとモーリスのトルネードと
いうエレアコの2本ですが
エレキはグレコのSGにギブソンのSG、
フェンダーのストラトキャスター、
フェルナンデスのZO3と5本になりました。

体は一つなのにギター7本もあってどうするって
感じですがまだ欲しいギターがあるのです。

マーチンのアコースティックやギブソンのセミアコ、
フェンダーのテレキャスターにベースも欲しいなぁと
思ったりします。

実際に所有できるかは別の話になりますけど。

ギターは私にとって
何とも言えない魅力があるようです。

[PR]
by ski-bbt | 2005-11-23 21:42 | 趣味:音楽

僕と音楽②「ギター」

前回私にとっての音楽について書きました。

今回からは楽器のギターについて
少し書いてみます。



私はギターを弾きます。キャリアは25年位です。

人生の中で長く続いている数少ない趣味の一つで、
弾き始めてから今日に至るまで弾かなかった時期が
あまりありません。

全然上手くならないですしギター弾きとしての才能や
適正は正直言ってありませんが下手の横好きで不思議と
飽きることなく日々つまびいています。

そんなギターとの出会いは13歳位の頃、
姉のヤマハのアコースティックギターFG
姉の目を盗んで弾き始めた事からです。


大切なギターを内緒で弾く私を
始めのうち姉はめちゃくちゃ怒っていましたが、
何度怒られても弾くのを止めない私に
姉は段々と理解を示してくれて
最後にはそのFGを私にくれました。

そのFGは今現在も私の手元にあり、
短い時間ですが弾いたり磨いたりの毎日です。


作られてから30年近くの物ですが使用上全然問題なく、
逆に音が良くなっています。
決して高いギターではありませんが
思い入れのある大事なギターです。

このFGを皮切りに何本かのギターと出会って
今に至っていくのです。


この続きはエレキギター編で。
[PR]
by ski-bbt | 2005-11-23 14:32 | 趣味:音楽

YAMAHA XP500 TMAX

気になっていたスクーターの1台、
YAMAHA XP500 TMAX
しっかりと観察出来る機会がありました。


跨る事も出来ました。

いや~。良かったですね。
作り込みが良いし整備性も良さそう。

跨った感じも車体やポジションが
コンパクトで良かったな。

最後にはデザインまでカッコ良く見えてきました。

これで試乗とかして走りや取り回しや使い勝手が
良かったりしたら相当ヤバいですね。

ゾッコン間違いないですよ。

…いやいやちょっと待て。
原付の不満を解消したくて
原付2種125㏄位を物色していたはずだよな。


う~ん…。
[PR]
by ski-bbt | 2005-11-21 15:05 | 趣味:乗り物

家電量販店

記録メディアを買いに家電店に行ってきました。

ちょくちょく行くんですけど、
最近雰囲気の変化を感じてたんですよね。
店内の雰囲気が違ってきましたよ。
なんか、アミューズメントしてるって言うか。
デジタル家電の割合が高いしすごく未来感があってね。
相当面白いですよ。

朝から一日いても
見切れない感じがしますよね。

各種カテゴリーの商品動向や傾向を
チェックするのが好きで今までもよく
見ていたんですけど、なんか凄い。


新時代ですよ。
ついていけるのかちょっと不安を感じました。
こんな事初めて。 ビミョーにショックを受けました。
[PR]
by ski-bbt | 2005-11-21 14:35 | 日常

家電

今回は最新の電子化家電について
感じた事を書きます。


いわゆる家電の中のグループの1つで、
家庭用電化製品に電子制御チップが組み込まれるようになって
より高度化されてきました。

最近実感します。家電って良くなりました。

私は先日掃除機を新調しました。

理由はそれまでの掃除機の寿命がきたからです。
大変丈夫で足掛け20年以上使ってきました。
そうは言ってもさすがに長く使ってガタガタに
なってしまったのであまり期待もせずに買い換えました。


新調した掃除機はサイクロン式の
高出力タイプです。
期待していないけれど新しい物を買った事が
うれしくて購入後すぐに試しました。



使って感心しました。
調子いいんです。
埃の取れ方は良いし本体の転がりや取り回しも良い。
ヘッドの動きも軽い。
力が要らないので楽しくて頻繁に使ってます。

以前の物を寿命まで目一杯使ってから新調したら、
技術の進歩にビックリ。
随分楽になった掃除機。
壊れるまで使う主義で今までやってきましたが
それ以外の選択もありだなぁと感じました。

時代の変化を感じながら今の時代を生きるには
日常生活の中で時代の変化を感じるのが一番です。
掃除機でこれだけ違うと他の家電も気になってきます。

家電の入れ替えを楽しみながら
やってみようかなと思った一例でした。
[PR]
by ski-bbt | 2005-11-21 14:17 | 日常

怪我「怪我から学んだ事」

怪我④です。

今回はスキーで怪我をしない為に
私が学んだポイントについて書いてみます。



怪我と引き替えではないですが
スキーは年々上手くなってきています。

上達する事で滑走速度は上がりますし
滑る斜面の難易度も高くなっていますから
怪我をする確率は以前よりも高くなっています。
何かあった時に大きな怪我をしやすい訳です。

怪我をしない為には体のバランスを整える事がとても大切です。
バランス良く立つ事が出来れば
運動をしてもバランスをとりやすいのです。




バランスよく立つ土台は足裏です。

足裏をバランスセンサーにして体軸を安定させるのです。

足裏のバランスセンサー機能を高めて土台として安定させるには
足底板 を使用するとその効果が得られやすくなります。


足底板の大切さは怪我から学んだ事の一つです。


怪我③で書いた腰・膝・首の怪我と付き合いながら
それでも滑っていられるのは
手前味噌ですが
経験を反映したブーツフィッティングのおかげだと確信しています。




スキーを続けたいからこそ怪我とうまく付き合う事を考える訳です。
滑走技術の向上や怪我の予防、ケアの方法等です。

スキーや体やブーツの事を勉強するようになったのも
怪我のおかげですから、まさにケガの功名と言えますね。
これまで書いたようなスキーでの怪我体験がありつつも、
スキーを止めるつもりはありません。

今までスキーでの怪我から多くの事を学んできました。
これからも学び続けたいと思います。
[PR]
by ski-bbt | 2005-11-15 05:37 | スポーツと怪我

怪我「怪我と付き合う為に」

怪我③です。

怪我シリーズ①②では過去の怪我体験に触れましたが

今回は私の怪我付き合いについて書きたいと思います。

現在私は膝と腰と首に慢性的な故障を抱えています。
それ程大げさな物ではないんですが
良くなったり悪くなったりを繰り返す類の物です。



は学生時代からで20年以上です。
下半身に疲労が溜まると仙腸間接周辺を中心に痛みが出ます。

毎日朝と夜のストレッチで下半身の緊張をほぐして
予防に努めています。それでも様子が怪しい時は
ストレッチの回数をふやしたりサポーターを使用して
腰を保護します。





はスキーで痛めて15年位です。
膝は左膝に怪我が集中していて
ドクター曰く「う~ん…、かなりヤバイねぇ」という状態です。

この左膝が悪い事に関連して
も以前より厳しい状態になる回数が増えました。
やれやれです。

膝に関してはキネシオを貼るかサポーターをするか位で
あまり有効な予防・対処法がなく今一番不安な部分です。




はスキーで痛めて10年位です。

首周りの筋肉が凝りやすいのでその下の
肩胛骨周辺と併せてよくほぐすようにします。
それでも様子が怪しい時は入浴やホットパックで
首から肩胛骨までを暖めて血流をふやすようにします。


首周りは頭痛に繋がりやすいので特に気を遣っています。
[PR]
by ski-bbt | 2005-11-15 04:38 | スポーツと怪我

怪我「靱帯・腱・その他」

怪我その2です。

他に靱帯や腱、間接包等やはり間接部分を怪我してきました。
スキーをしている時よくあったケースです。

一般的に体には利き手利き足がありますよね。
私は右利きです。
体を動かす時右側より左側が不器用です。

私の場合ですがスキーで転倒して怪我をする時は
ほぼ左半身の動かし方が悪い時です。
ターンの時に左腰が前にでない悪癖に伴う転倒で
左肩や左膝等左半身を数回痛めてしまいました。

体の正中線からみて不器用な半身は怪我をしやすいです。



ところが逆のケースがあります。

怪我は運動時にしやすいですが日常生活でもする事があります。

私自身意外だったのは、車の運転中に
片手ハンドルを使いすぎて右肩を痛めてしまった事です。
ただハンドルを回していただけなのに。

利き手側は器用に使えるが故に知らず知らずに
無理な使い方をして怪我につながる事もあるんですね。

ドライバーの皆さん、要注意ですよ。
[PR]
by ski-bbt | 2005-11-15 03:46 | スポーツと怪我

怪我「ヒビ・骨折」

前回故障について書きました。

ここでは私が経験した怪我について少し書きます。

過去に私は数カ所の骨折やヒビを経験してきました。
小学生の頃ブランコで立ち漕ぎしていて
そのまま飛び降りたら着地に失敗、
両手首をやっちゃいました。
バイクでタクシーの側面に突っ込み空中回転しながら
タクシーを飛び越えて着地に失敗、
足首をやっちゃいました。
スキークラブの合宿中ボーダーを避けられず
そのボーダーを抱えながら空中回転し首と肩から着地して…、
首と肩やっちゃいました。

思い出すとその多くは間接部分でした。

間接は怪我しやすいです。

[PR]
by ski-bbt | 2005-11-14 21:20 | スポーツと怪我

故障

スポーツを長期間やっている人ならば
大抵の人は多かれ少なかれ故障の経験があると思います。

私にも複数回の故障の経験があり、
その中には慢性化している物もあります。

故障はいやですよね。
その多くは痛みを伴います。
痛みは駄目ですね。
痛みは人から人生の喜びや生きる気力を奪います。
故障の類は出来るだけ遠慮したいものです。
[PR]
by ski-bbt | 2005-11-08 00:45 | スポーツと怪我



スキーブーツフィッターがスキーにまつわる情報を提供したり日常の様子を綴ったりするブログ。
by ski-bbt
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
たまには息子
from in a pillar of..
トリプルグランドスラム ..
from エンタメ!
お父さんの夢
from in a pillar of..
松井 結婚
from みさきの日記
はじまり
from 神田ぶろぐ
安田選手
from 新着のニュース
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
POTENTIAL SI..
from My favorite
火垂るの墓 2007/..
from (メモ的)話題の動画・情報収..
トルコGP
from Photologue +
息子家族の陶芸作品
from 田中英数国教室講師の日記
Cafe de
from 田中英数国教室講師の日記
やられたあ!
from 田中英数国教室講師の日記
F1フランスGP/ホンダ..
from ちいさな小言、大きな独り言
ライコネンの逆転勝利! ..
from ずぼらな管理人の不定期日記帳
フランスGP決勝、強いフ..
from Motohiroの本音トーク
うちのおよめさん
from 田中英数国教室講師の日記
スキーシーズン
from 田中英数国教室講師の日記
スキー場で出来る処置法は..
from www.99ski.com
「もっと早く言えばよかっ..
from 田中英数国教室講師の日記
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism